ロータリー青少年指導者養成プログラムへの受講生派遣を毎年行っています。

RYLA -ライラ- (Rotary Youth Leadership Awards)
ロータリー青少年指導者養成プログラムへの受講生派遣を毎年行っています。

RYLAとはロータリーが実施している青少年奉仕プログラムの一つです。

第2650地区では、セミナー形式で指導者となりうる20代の男女を対象とし、1980年から毎年続けて開催している青少年の研修プログラムです。
地区内のロータリークラブから推薦されてRYLAに参加される受講生は、将来地域の指導者となる資質を持った方々です。

参加者は与えられたものを吸収するだけでなく、自ら行動し、学び、体験したことを他に及ぼし、何かに寄与するという意識を持つように期待されています。

■2018-19年度「RYLA報告」

株式会社元廣より、2名の受講生を派遣いたしました。
リーダーを育てる目的で行われる「RYLA」の今回のテーマは「学び、そして創造」で、4名の講師の先生方から

  1. 虐待されている子供たちへの支援
  2. フェイクニュースにだまされるな
  3. 市民が作るまちづくり
  4. AI時代にリーダーがしなければならないこと

という内容でそれぞれ受講されたそうです。

受講された感想は、お二人とも日常生活や仕事の中ですぐに何か行動できることはないか、助けられることはないかと前向きになったとお話しいただきました。

また今回の講習は10数人ぐらいの班に分かれていたそうで、その班で最終的に一つのテーマについて発表があるそうですが、初対面のときは意見もバラバラのメンバーが最後には一つのテーマにむかって一致団結していく過程に感動されたそうです。